iPhone4SのSIMロックを解除してイオンSIMを使う方法

iPhone4SのSIMロックを解除してイオンb-mobileSIMを使う

以前、docomoのiPhone4でしたら、docomoの回線を使うイオンのbmobileSIMを
使うことができると、別の記事でお伝えしました。
では、docomo以外のキャリア、たとえばAUであったりソフトバンクで
あった場合に、イオンのb-mobileSIMを使うにはどうしたらよいのでしょうか?

<h4>データ専用SIMを使用する場合の注意点</h4>
注意が必要なのは、イオンのb-mobileSIMデータ専用SIM
使った場合、音声通話ができず、データ通信しかできなくなりますのでご注意下さい。
ネットと、LINEだけiPhone4Sで使う人なら、データ専用SIMで大丈夫です。
他に、通話専用の携帯電話を持つという方法もあります。

また、キャリアの回線を契約解除した場合、
キャリアのメールアドレス(@softbank.ne.jp等)は使用不可となりますので
ご注意下さい。

最近の主流では、気に入らなくなったら業者を変えるために、
キャリアに依存しない、GMAILなどを使う方が多くなっています。

鍵は、SIMロック解除(SIMフリーにする)にあり!

ソフトバンクやAUのiPhone4SにはSIMロックがかかっています。
そのSIMロックを解除してやれば、Docomoの回線を使うイオンb-mobileSIM
使うことができるのです。

どうやればiPhone4SのSIMロック解除できるの?

答えは、Gevey UltraSという、業界では有名な!?
iPhone4SのSIMロックを外すアダプター(業界ではゲタと呼ばれているそうな)を使います。
YahooショッピングのGevey UltraSでの検索結果はこちら
たくさんあって迷うと思います。下の、偽者本物を区別するサイトをご覧いただき、
万が一偽者であった場合の対応などもありますので、参考になります。
商品のレビューも一通り目を通して頂き購入されたほうが良いかと思います。

JailBreakという、制限のかかっているシステムの制限を取り除くものが不要であったり、
SIMをカットして加工したり、ダイアルしたりしなくてもよいらしいです。
安すぎるものですと、まれに偽者を送ってきたりするそうで、
注意が必要です。

この、Gevey UltraSというSIMロック解除アダプタを用意したところで、
いよいよ、実行に移ります。

SIMカードを取り出すためには、縫い針のような細い棒が必要となります。
これは、iPhone購入時に、紙のケースの中に入っていたと思います。
無い方は、昔ながらの金属クリップの先でもいけるかも。
爪楊枝では折れてしまうと思います。ぐっと差し込む必要があります。

万が一に備えて、中のアドレス帳や、写真、その他重要データは
バックアップしておきます。

バックアップが完了したら、電源をきります。

電源がきちんと切れたことを確認し、AUやソフトバンクのSIMを取り出します。
場所は、1センチくらいの細長い切れ目と、小さい穴のあるところです。
小さな穴が開いていますので、そこにぐっと細い棒を差し込みます。
あとは、少し斜めに傾けて、引っこ抜きます。
そして、セットされている、AUやソフトバンクSIMを
アダプタから取り出します。

ここで、Gevey UltraSの出番です。
中に入っている、白いSIMをアダプタにセットして電源をONにします。
すると、ソフトバンクなら「JP SoftBank」、AUなら「JP KDDI au」
を選びます。
選んだ後は、急いでチップを取り出してください。10秒以内が目安のようです。
手間取ってしまった場合は、もう一度作業をやり直します。

うまくいったら、次は、こんな画面が出ます。
———-
GEVEY Sim has been
programmed to the selected
carrier version.
キャリアのバージョンがセットされたという内容です。

Please switch
the sim you want to use.For
further information,
please visit
http://:www.gevey.com
使いたいSIMに交換してください。
・・・・などと書いてあります。
———-
了解を押して下さい。

で、これから使いたいSIMカード(イオンb-mobileSIM)をiPhone4に挿入すると、
———-
Your iPhone is successfully
unlocked by GEVEY Ultra S!
・・・・・
あなたのiPhoneは解除に成功しました!
と言う内容です。
———-
了解を押し、1~2分すると、これから使用するSIM(イオンb-mobileSIM)
電波を発見すると思います。
はじめだけ、こんな感じで時間がかかりますが、
これから電源を入れる時はもっと早く電波をつかむようになります。

上のところに、イオンb-mobileSIMなら、
NTT DOCOMO 3Gと表示されていれば正常につかめています。
つかめていない場合は、「設定」…「キャリア」…「ネットワーク選択」…「自動」
をOFFにして、しばらく待って、使いたいキャリアが表示されるのを待ちます。
表示されたら、そのキャリアをタップすることで、見つかると思います。

その後、SIMフリーiPhone設定方法
を見ながら手順に沿って実行していけば、使えます。

それでもだめであれば、
http://kiyokutadasiku.seesaa.net/article/299374809.html

http://kingmobile.shop-pro.jp/?mode=f4
を参考にして、詳しい設定を行っていって下さい。

うまくいくことをお祈りしています。

また、別記事「ソフトバンクやau、ドコモのiPhoneのSIMロック解除する方法」にて、
このSIMロック解除アダプタについての概要と、
ファクトリーアンロックという解除方法について解説しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)